忍者ブログ
- 俳優でゲーム開発者な男のウェブログ -
2017.12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • プロフィール
    所属 : 宮島研究室
    名前 : 宮島岳史
    カレンダー
    11 2017/12 01
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31
    カウンター
    最新コメント
    (11/02)
    (11/02)
    (11/02)
    (11/02)
    (10/21)
    ブログ内検索
    スティーブ・ジョブスが逝き、
    今度はデニス・リッチーが逝ってしまいました。


    スティーブ・ジョブスの演説は、ここで3年前にも話題に
    しましたが→
    本当に、人の心を揺り動かす天才ですね。

    デニス・リッチーは、UNIXを開発した人物です。
    C言語の開発者、と書いた方が知ってる人は多いでしょうか?

    僕はMS-DOSより先にUNIXに触れたせいか、
    なんとも言えない寂しさがこみ上げます。

    いずれにせよ、
    今のコンピュータ業界に多大な影響を与えた人物が、
    短い間に2人も亡くなってしまいました。


    そんな訳で、
    舞台も終わって、少し時間も出来たし、


    「バトル・オブ・シリコンバレー」→

    こちらを借りて来ました!(公式サイト→

    アップル社を設立したスティーブ・ジョブス、
    マイクロソフト社を設立したビル・ゲイツ、
    この2人が如何にして会社を起こし、
    如何にしてWindows、Macintoshを世に送り出したかを描いた
    ドキュメンタリータッチの映画。(ただしノンフィクションではない)

    スティーブ・ジョブスを演じるのは、
    ERのジョン・カーター「ノア・ワイリー」。
    ビル・ゲイツを演じるのはアンソニー・マイケル・ホール。
    ゲイツ氏があまりに似ていて、僕は大喜びです。

    内容はなかなかマニアック。

    「パソコン=インターネット」と思っている人には、
    良く分からないかも知れません。

    パソコンに、まだモニタが付かない時代から始まりますから、
    紙テープに穴をあけて(穿孔という)コンピュータとにらめっこ。

    マジンガーZで、怪獣が現れると博士が見ていたアレです。

    (ちなみに、このシーンで開発してたのはBASICインタプリタ)

    他にも、OS、GUI、と言った用語が、解説ナシで飛び交うし
    IBMとDOS、AppleⅡ、当時パソコン少年だった僕らを
    ワクワクさせたキーワードも沢山出て来ます。

    ただ、それらの用語が分からないにせよ、若き彼らの必死さは
    画面を通して伝わって来ます。
    その必死さが、時にシュールで面白い。

    最後の最後は、緊張感溢れる演技でしっかり魅せてくれました。


    しかしこの作品、邦題が大変よろしくない。

    「バトル・オブ・シリコンバレー」ではダメなのです。
    「パイレーツ~」でないと、物語にオチが付かないのです。

    最初からタイトルが「パイレーツ~」と知って見れば、
    読後のスッキリ感は、もっと高いはず。

    ただその一点だけ、残念でありました。



    ■この記事にコメントする
    お名前
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■コメント一覧
    最初はふむふむ、ほーほーだったのに
    途中から日本語でおkになってしまいました(;_;)

    今やパソコンの二大筆頭となった窓とMacの誕生物語…みたいで
    個人的には非常にそそられます(・ω・)
     風灘大和 2011/10/21(Fri) [編集]
    >風灘さん
    難解で申し訳ないです。(^^;)

    http://www.youtube.com/watch?v=mQ539K2XW_8#t=01m55s
    この動画はマジンガーじゃなくてガッチャマンだけど、
    こちらを見ていただけば、紙テープは分かるかなぁ…?

    紙テープに点字みたいの(2進法といいます)が
    打ち出されるのですよ。

    面白いから次のブログのネタにしようかなw
     宮島 2011/10/21(Fri) [編集]
    ■この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    賢くなるブログ HOME 終わりました
    PR
    Copyright © 宮島岳史の研究日誌 All Rights Reserved.
    Powered by 忍者ブログ. Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]