忍者ブログ
- 俳優でゲーム開発者な男のウェブログ -
2017.10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • プロフィール
    所属 : 宮島研究室
    名前 : 宮島岳史
    カレンダー
    09 2017/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    カウンター
    最新コメント
    (10/21)
    (08/11)
    (08/11)
    (08/11)
    (04/06)
    ブログ内検索
    半年前に某ディスカウント店で購入した自転車。

    どうも、タイヤの空気漏れがひどいのです。
    それはもう、毎週空気を入れてやらないとダメな位。

    #自転車を新調した理由はこれね。→

    調べると、タイヤの「虫ゴム」の劣化が原因らしい。
    ちなみに虫ゴムは数十円程度で買えるようで。→(AA)

    と言うことで、虫ゴムを買いに近所のホームセンターまで
    来たのですが、そこで目に留まったのは――


    スーパーバルブ made in germany

    なんと、虫ゴム要らずのドイツ製バルブ!
    値段は虫ゴムの数倍!(それでも200円弱だけど)


    ……まあ、「虫ゴム交換」が今回のテーマなのに、
    「虫ゴム要らず」を買ったら意味ないからね。

    わかってますとも、ええ。


    ――折角だから、この高いバルブを選びました。○| ̄|_

    だって簡単そうなんだもん。


    と言うわけで――


    自転車のバルブです。

    #英式バルブと言うそうな。


    キャップをはずします。


    トップナットを回してはずします。


    バルブを引っこ抜きました。(画面左)
    左の黒いのが虫ゴムです。

    タイヤに空気が残ってると、ここでハデに抜けます。


    (虫ゴム、全然劣化してるように見えないんだけど……)
    などと思いながら、スーパーバルブに交換します。

    スーパーバルブを根元まで差し込んだら、今の逆の手順。
    トップナットを元に戻し、タイヤに空気を入れます。

    最後にキャップを戻せば完了で…
    ぷっしゅーーー!!!


    ……未だに良く分からないのですが、

    今回の空気漏れの原因は、虫ゴムの劣化ではなく、
    パンクしかけ、だったようです。

    バルブ交換によって空気が激しく出入りした結果、
    小さな穴が、完璧な穴に成長したようで……

    バルブと関係ない場所から、すごい勢いで空気が抜けて
    ちょっと驚きました。


    パンクかぁ……。

    自転車屋さんに持って行くか……。○| ̄|_



    ■この記事にコメントする
    お名前
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■コメント一覧
    薔薇のグラス HOME 宮島さん 箱入
    PR
    Copyright © 宮島岳史の研究日誌 All Rights Reserved.
    Powered by 忍者ブログ. Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]